読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kikumotoのメモ帳

インフラ・ミドル周りを中心に、興味をもったことを適当な感じで。twitter : @takakiku

CloudStoreのコンパイル

HDFSとは別の分散ファイルシステムであるCloudStoreを試そうとしたときのメモ。
まずはコンパイルに関して。基本的に、http://kosmosfs.wiki.sourceforge.net/HowToCompileに書いてある通りだけど、CentOS5.2 の環境でコンパイルしようとしたときのことメモしておく。

gcc などのコンパイラなどに加えて、yum にて

  • zlib-devel
  • e2fsprogs-devel
  • openssl-devel
  • xfsprogs-devel
  • boost
  • boost-devel

をインストールした。

また、他の依存ライブラリとして log4cpp および log4cpp-devel が必要とのことなので、これは http://dag.wieers.com/rpm/packages/log4cpp/ から取得してインストールした。

あと、cmake が必要なので、これは http://atrpms.net/dist/el5/cmake/ から取得してインストールした。

これでコンパイルの環境は整ったので、kfs をソースコードを解凍して以下のように cmake する。
ここでは、インストール先の /home/kfs/cloudstore とするために CMAKE_INSTALL_PREFIX の指定もしている。

$ tar xzf kfs-0.3.tar.gz
$ cd kfs-0.3
$ mkdir build
$ cd build
$ cmake -D CMAKE_BUILD_TYPE=RelWithDebInfo -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/home/kfs/cloudstore ../

そうすると

CMake Warning (dev) at src/cc/common/CMakeLists.txt:20 (add_library):
--省略--
This warning is for project developers.  Use -Wno-dev to suppress it.

-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/kfs/dl/kfs-0.3/build

なメッセージが表示されるが、開発者向けのメッセージらしく無視。

あとは、

$ gmake
$ gmake install

のようにしてコンパイル・インストールできた。